トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF ログイン

APEN5

 主要諸元の決定4(Scilabを使った機体ダイナミクスの計算2)

操舵入力に対する微係数の計算


舵角をδf,揚力傾斜をaとする.このとき操舵に対する翼の揚力係数Clの変化は,

である.文献[McCormic]のFig. 3.32からFlap effectiveness factor τを,同じくFig. 3.33からCorrection factor to flap ηを推算できる.これより操舵入力に対する微係数,

を得る.これ以外の操舵入力に対する微係数は簡単のため0とする.
さらにPlain flapの舵面を仮定しηt=ηf=0.8とする.また

である.ここでct:水平尾翼翼弦長,ctf:エレベータ翼弦長,cf:垂直尾翼翼弦長,cff:ラダー翼弦長である.

可制御性,可観測性

これらの微係数および,運動のA,B行列の計算,可制御性,可観測性のチェックを行うプログラムを示す.(UAVdyna1-1.sce).

UAVdyna1-1.sce(1)

ただし観測量はピッチレート,ロールレート,ヨーレートの三つである.このプログラムを実行することにより,縦運動,横・方向運動の可制御性行列,可観測性行列がそれぞれ行フルランク,列フルランクであり,可制御可観測であることが確認できる.






UAVの作り方へ戻る